四川の絶景九寨溝 個人旅行での行き方と見どころ【2023年体験談】

中国旅行

夏休みに子どもと2人で四川省の九寨溝と黃龍へ行ってきました!”中国国内の一生に一度は見たい55の絶景”の1つであり、世界的にも有名なこの場所に憧れている人は多いと思いますが、ここへ行くのはちょっと大変で、2023年現在何でもかんでも中国身分証を要求されるのもあって外国人なら尚更簡単じゃないと思ったので、私の経験をふまえ、九寨溝と黃龍の個人旅行での行き方を徹底紹介させていただきます!

九寨溝への行き方

九寨溝ってどこにあるの?

九寨溝は四川省の西部、省都の成都の西北部に位置する阿坝州(アバ)の中にあります。アバは正式名称アバチベット族チャン族自治州、人口の半分ほどがチベット族、30%ほどが羌族(チャン族)の少数民族の州なので、美しい自然以外にも少数民族の文化を楽しむこともできます。

成都から九寨溝へ行く3つの方法

  1. 成都から現地ツアー 
    私は最初これで行こうと考えていて、携程(ctrip)で調べていました。

    成都から1泊2日、黄龍も入れて2泊3日のツアーなどがあります。中国人向けツアーですがバスもゆったりリクライニングの豪華バス(保姆车)などもあり、楽かなあと思いました。ところが、いざ申し込み画面に進みと「中国身分証番号の入力」画面が出てきて、パスポートなどの選択肢がないのです!試しに他のツアーも申し込み画面まで進んでみましたが、「小さいツアーでガイドの能力に限界があるため外国人は受け入れられません」と表示されるものがいくつもありました。

    ツアー会社によって?外国人OKなものもあったのですが、全てに中国身分証の提示が必須な現在は、ホテル宿泊や入場券の購入など、1組だけ外国人が混ざっていたら面倒だろうと想像できたので、やめることにしました。ツアーで行きたい場合は日本の旅行会社主催のものなど外国人向けツアーに参加するのが無難です。割高にはなりますが。あるいは国際的ホテルのフロントなどで参加可能なツアーに申し込めるかもしれません。

2、成都から飛行機
九寨溝へは成都から飛行機が飛んでいます。1時間で到着して空港から九寨溝景区へはバスが出ているようです。今現在片道1000元程度です。お金より時間と労力を節約したい方にはいい方法ですね。

3、成都から直通バス
私たちはこれで行きました。携程で九寨溝を調べると「直通車」という項目があります。

ところがこれも申し込み画面に進むとまたまた「身分証番号を入力」と要求され、パスポートの選択肢がありません・・・・(怒)なので成都市に着いてから市内に直通バスチケット販売所があるかなと思って探してみましたが今はオフラインの販売所はないようでした。地元の旅行社にも入って聞いてみましたがツアーしか販売していないとのこと・・・。

え〜飛行機しか無理かあ・・・と思って旅行会社を出たら向かいに「成都旅游集散中心(新南门汽车站)」という建物が見えました。これは大型バスの発着点です。ここなら売ってるかも?と思って行ってみたら大正解!

ここのチケット売り場で無事に九寨溝行きの直通バスチケットを買うことができました。携程で売っているものとは主催旅行社が違うようで、発着点が違っていました。他にも成都東駅発着、茶店子客运站発着のバスがあるようです。

私たちが行ったバスステーションは新南門という場所にあり、地下鉄3号線で行けます。成都市1番の繁華街「春熙路」から徒歩20分くらいの場所です。私たちは春熙路の民泊に泊まっていて、一番近くの旅行会社を地図で探して歩いてきたら偶然このバスステーションを発見したのでした・・・(おお、神よ)本当に、ネット上にあまり有益な情報がなくて苦労しました。

新南門から九寨溝へのバスは片道大人168元、子ども半額でした。ちなみに4日前からしか購入できないので早く行きすぎないようにご注意を。帰りのチケットは4日前より短いなら一緒に購入できますが、行きのバス車内でも買えます。

直通バスは約8時間の長旅。休憩所のトイレはニイハオトイレ!

朝8時15分、チケットを購入した新南門のバスステーションから乗車しました。普通の観光バスなので、座席の間隔も狭く、リクライニングもあまりできず、USB充電もありません。エアコンはありました。これで8時間は決して楽ではないですね。

バスには運転手の他にガイド役が乗っており、九寨溝の注意事項など説明してくれます。アバ州に入ってからは車窓の景色も大草原や高山、建物もチベット文化が感じられ楽しめます。途中から山道になるので車酔いする方はご注意ください。

4回休憩があるのですが、休憩所のトイレが出た!ニイハオトイレ。ドアなし、下の汚水が流れる部分がみんな繋がっているレトロなトイレです・・・。無理な人はバスで行くのは諦めた方が無難です(苦笑)少数民族が暮らす地区ではまだまだこんな感じなのかなあ、と漢民族が暮らす都会との格差を感じざるを得ません。

ここで果物や羊肉串、お土産などを買うこともできます。雨具や防寒ジャケット、サングラスなどを売っている店もありました。

帰りのバスは基本的に降車した場所から乗る。

九寨沟景区に入ると、たくさんのホテルや客栈があります。中程に旅游集散中心(汽车站)つまりバスステーションがあります。

バスが入ってきた方からこのバスステーションまでの間のホテルをとっている人はホテルの近くで降ろしてくれます。このバスステーションより東側または南側のホテルをとっている人はみんなこのバスステーションで降車することになります。そこからは宿の送迎サービスを利用するかタクシーで宿まで行きます。私たちが予約した客栈はここより東側の龙康村という場所だったので、ここで降りて宿の人に迎えに来てもらいました。

帰りのバスは基本的に降車した場所から乗ります。バスステーションで降りた人は帰りも自分でここまで行き、行きの車内でもらった予約票を見せて座席が割当てられたチケットに交換してバスを待ちます。

実は帰りに宿の車で送ってもらって発車15分前に着いたのですが、部屋に携帯を忘れていることに気づいてタクシーで宿まで戻り、しかも道が渋滞していて8時10分の集合時間に遅れてしまいました。行きのバスのガイドさんの携帯番号を登録していたのでその人に電話をかけて予定のバスはもう行ってしまった、どうしよう〜などとやり取りしていたらちょうどその電話のときに出発するバス(8時40分発)にそのガイドさんが乗っていて、しかも奇跡的に座席が2つだけ空いていて、乗せてくれました。危なかった・・・。(それにしてもこの偶然神がかってますよね。)

中国の観光バスの乗り方はなんだか曖昧で、事前にガイドや運転手と電話連絡が必須なので、外国人には難易度高めです。

九寨溝でのホテルの選び方


私たちが宿泊した九寨沟鑫涛阁藏家客栈

宿を予約する時は地区が記載されているので、計画や好みに合わせて選びましょう。と言っても行ったことがなければどこにしたらいいのかよくわからないと思いますので、参考までに各エリアの実際に行ってわかった違いをご紹介。

まず、バスの乗降車やメインの九寨沟観光の交通の利便性を考えるなら、近九寨沟景区,游客中心のエリアがいいです。千古情という場所は千古情という夜のショーを行うシアターのあるエリアで、ショーをみたい人には便利です。

この2つのエリアが2大中心エリアで、ホテルも集中しており、周囲に飲食店も多く賑やかな場所です。ツアーで行く場合は大体このエリアのホテルになるようですね。シャラトンやハワードといった国際的ホテルもこのエリアにあります。

私が選んだのは九寨沟景区から車で7分、バスステーションからは5分ほどの場所で、飲食店少なめの静かな山の麓です。趣ある客栈に泊まってみたかったのでここにしました。

画像:Agoda


チベット族の衣装を着て写真を撮ることができます。(無料)

木の温もりが山の雰囲気を盛り上げてくれて、とてもいい宿でした!風景区やバス乗り場までは無料で送迎してくれるので安心です。

九寨溝の効率的な周り方

外国人はWechatの公众号か窓口でチケットを購入

入場チケットですが、中国の旅行アプリでは例によって中国身分証がなければオンライン購入することができませんでした。Wechatの公众号「九寨沟」ではパスポート番号でも購入できました。

購入完了するとQRコードが表示されるので入り口でそれをスキャンすればOKです。

効率的な周り方

九寨溝は透明度が非常に高い美しい池がいくつもあり、それを順番に見て回ることになります。

2023年現在、入り口に入ってまず全員観光バスに乗ります。観光バスに乗るとき多くのラインに行列ができていますが中国のID番号を持たない外国人はここに並ばないで一番左の人がいるところへ行ってください。そこで手書きでパスポート番号を登録する必要があります。

周り方1:入り口→長海

バスで入り口から一気に一番北の”長海”まで行きます。行きのバスは左側の席がお勧めです。池が全部左にあるからです。バスは頻繁に来るので満員なら見送っていい席を確保しましょう。40分くらいはかかったかな。バスを降りて少し歩くとすぐにサファイヤ色の長海を眺めることができます。

ここでチベット族の民族衣装やカラフルな髪の編み込みを売ってくるおばさんがたくさんいます。

娘はやってもらいました。このヘアスタイルで80元。安くはないですね。まあ映えるからいいか。

若い女性はチベット族衣装をがっつり来て写真撮影に忙しいです。

2:長海→五彩池

歩いて九寨溝で五彩池へ行きます。徒歩約20分くらいです。

ここは小さい池ですが、色がとても神秘的です。自然でこんな色、すごいですよね〜。

私たちは9時半ごろ入り口に到着したのですが、ここを見終わったらすでに11時を過ぎていたのでこの池の近くの売店のテラス?のような場所で床に座って持参した昼食を食べました。朝宿を出るときに朝食屋さんで小籠包と青稞饼というパンみたいなものを買って持って行きました。

3:五彩池→诺日朗中转站→诺日朗瀑布

ここからバスに乗って诺日朗中转站へ行きます。ここが九寨溝で唯一のレストランがある場所でバスの乗り換え場になっています。ここのレストランは値段が高いらしいですし、昼食は持参するのがオススメです。大抵の人が食べ物を持ってきて階段や休憩用ベンチ、売店のテラスなど適当な場所で食べていました。レストランは1カ所だけですが、飲み物やお菓子などを売っている売店はたくさんあります。

ここから少し歩いて诺日朗瀑布を見に行きました。

4:诺日朗中转站→原始森林行きバス

バス乗り場に戻り、原始森林行きのバスの乗り換えます。このバスは右側の席がおすすめです。私たちは終点の原始森林まで行ったんですが、ここはひたすら森の中でさして見所がないので行く必要なし!途中の箭竹海または熊猫海で降りましょう。時間と体力を節約できます。

5:熊猫海→ 五花海 →珍珠滩→  珍珠瀑布 →镜海

このエリアは池が集中しており、平らな遊歩道なので歩いて回ることができます。すべてバス乗り場もあるので時間がない場合や体力を温存したい場合はバスを乗り降りして回るのもいいです。

午後2時ごろ、にわか雨が降りました。山の天気は変わりやすいので雨具は必携です。

写真を撮ったときにメモしていないのでどれがどの池の写真か覚えていません・・・。全部本当に信じられないくらいの透明度と色できれいでした!

6:诺日朗中转站→犀牛海→树正群海→出口

そして诺日朗中转站に戻ります。ここで出口行きのバスに乗り、時間と元気があれば途中の犀牛海などを降りて見学します。私は子ども連れというのもあり、小雨も降っていたのでこのバスでは一度も降りず、車窓から眺めて終わりにしました。このバスでは右側の席がオススメです。

出口へ向かうこのバスでは途中で降りる人は少なかったですね。みんな少し疲れているしすでにたくさん池を見たのでもういいやという気分になっていると思います(苦笑)。

子ども連れで全行程6時間半(昼食休憩込み)

私たちは朝9時半に入場して、午後4時に出てきました。直通バスのガイドさんによると団体客は8時半ごろに入るのが多いから朝7時半前に入れと言っていましたが、私はあえて遅めにしました。前日長いバス旅で疲れていたし早起きしたくないというのもありましたが、みんなが朝一で行くんだ!と言っているなら逆に遅めに入ったら混まないんじゃね?と思ったのです。

結果正解でした。入り口も観光バス乗り場もさほど混雑しておらず、比較的スムーズに乗ることができました。ツアーの紹介などをみても観光時間は6〜7時間程度が妥当みたいです。

九寨溝観光に必要な持ち物

九寨溝観光のオンシーズンは4月〜11月、中でも最も美しいのが7、8月の夏とされています。私は7月に行ったので夏の持ち物をご紹介させていただきますね。

服装

基本:半袖Tシャツ+春夏用のパンツ+スニーカー+帽子+リュック
日焼けしたくない女性は+UVカットの長袖パーカーなど。高山の日差しはめっちゃ強いので日焼け対策は必須です!

私はプールで購入したサンバイザー型の帽子をかぶっていたんですが、頭頂部が日焼けしてしまったので、やはり登山用の帽子が一番オススメです!サングラスは一応持っていましたが、せっかくの絶景をクリアに見たいのでかけませんでした。

夏の持ち物

  • 薄手のフリースかパーカー、ウインドブレーカー
    7、8月の平均気温は19〜22度、最低気温は6度くらいの日もありますがそれは朝晩なので、観光する日中は涼しい程度、冬用の装備は必要ありません!中国人は寒さを怖がるため中国人の旅行サイトを見ると「夏でも冬用のダウンやウインドブレーカーを持っていけ!ニットキャップや手袋も必要だ!」とか書いてありますが、全然そんなことないです(汗)私はより標高の高い山にも行く予定にしていたので一応スーツケースに入れていましたが、一度も出しませんでした・・・。日本の春秋用の上着を1枚リュックに入れておきましょう。
  • ストール
    女性は防寒日焼け対策として1枚持っておくことをお勧めします。バスの休憩所や麓の売店などそこら中で刺繍入りの可愛いのが売ってます。安いですしチベット風で可愛いのもたくさんあるので現地購入も全然OKです。
  • 雨具(かっぱ・折り畳み傘)
    山の天気は変わりやすい(登山の常識)。にわか雨は毎日のように降るので雨具は必携です。簡易的なもので大丈夫です。私たちは北京のユニバーサルスタジオで急な雨に降られて購入したポンチョタイプのカッパを持って行きました。現地売店で売っているのは水しぶき系のアトラクションのときに使うゴミ袋に穴を開けただけみたいなすぐ破れるやつなのであまりお勧めできません。
  • お菓子、昼食など食料
    売店でも簡単なものが売っていますが、持参するのがオススメです。昼食とおやつを持って行きましょう。中国の人々はおやつに果物やゆでとうもろこしを食べている人が多くて野生的だなあと思いました。カップ麺やお湯で加熱できるレトルト弁当を持参すれば売店や休憩所でお湯を入れることができます。
  • ティッシュ、ウェットティッシュ
    中国の公衆トイレは紙がついてないことが多いので必携です。山ではすぐに手を洗えないためお手拭き用のウェットティッシュも必要です。
  • ビニール袋
    余った食べ物や水に濡れたカッパなどを入れます。
  • 携帯電話
  • 現金
    中国は山の中の売店もQRコード決済ですが、写真を取り過ぎて充電がなくなった時のために現金を少し持っておいたほうがいいです。
  • パスポート
  • スマホ充電器
    山では町中ほど至る所に充電宝があるわけではないので、念のため持っておいたほうがいいです。バッテリー長持ちさせられる人は必要ないかもしれませんが。
  • デジタルカメラ
    私は今回の絶景めぐりの旅行では本当にこれを持ってくればよかったと後悔しました。実は出発直前まで長年使っていないデジタル一眼レフを引っ張り出して持って行こうかと悩んでいたんですが、充電器が見当たらずにやめたんですよね。でもスマホで写真や動画を撮影しているとすぐにバッテリーを消耗して、支払いやガイドさんとの連絡のときに充電がないなんて困ったことになる可能性があるので、カメラが別にあればスマホのバッテリーを温存できて安心だなあと思いました。それをよくわかっている若い中国人は結構デジカメを持ってきていました。それにやっぱり一眼レフで撮影したほうが絶景の美しさをよく写せると思います。

    ちなみに九寨溝の標高は2000~3000mです。健康な人なら老人も子供も高山病対策は必要ありません。

以上、しっかり準備して楽しい旅にしてくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました